料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:野菜料理( 52 )



e0083152_18150282.jpg
小ぶりの新鮮な筍を頂いたのでそのまま天ぷらにしてみました。

筍は掘ってからい1分ごとにエグミが出て固くなると云われるほど
鮮度が大切な野菜です。

よく大きいと固いといいますが一概には言えません
育った土壌が柔らかいとすぐに大きくなるので
大きくても柔らかいです。

ただ、穂先の部分が緑になっているものは土から出て日に当っているので固いです
竹になりかけているんですね。(笑)

買う時は切り口がみずみずしくて新鮮なものを求め
アクが強くならないように家に帰ったらすぐに下茹でしてくださいね。

筍だけは「今日は時間がないから冷蔵庫に入れて明日にしよう」はダメなんです(汗)

で、今回、私はそのまま茹でずに天ぷらにしてみました。

これが美味しいの
油がアクを吸い取って旨みに変え、香りを残してくれます。

食べる時はぜひ、天つゆではなく、お塩で召し上がってください。

ここでご紹介する抹茶塩は筍の香りを消さず味を引き立てますよ。

同様に粉山椒を塩に混ぜた山椒塩でも美味しいです。

今回はウドの新芽やアスパラや空豆人参なども一緒に揚げました。
春の味です

天ぷらは難しいと思われがちですが
少しコツがあります。

①衣を粘らせない事   
  ②180℃の油で揚げる事
   ③カリッとするまで揚げる
 ④油をしっかり切る事


①の衣を粘らせないコツは
水分に粉を加えて混ぜる事です。粉に水分を加えて混ぜると粘ります。
又、混ぜるときは生粉が残っているところで止めてくださいね。
材料に衣を着けるときにどうしても混ぜることになるので
ダマが残っている状態が良いです。


②の180℃で揚げるコツは
衣を少し落としてすぐに上がってくる位とよく言いますが
最近のガス台やIHは温度センサーが付いているので
揚げもの180℃に設定するだけでOK


③カリッとするまで揚げるコツは
油の中で箸で触った時にカリッと固くなっていればOK
解りにくい時は少し食べてみてね。食べすぎには注意です(笑)


④の油をしっかり切るコツは
油から揚げる時に鍋の上で振って油を切ると
温度が高いので油の粘度が低くなりよく切れます

また、揚げバットにはペーパーを敷かないでください
紙がすぐに油でベトベトになって天ぷらに油が戻ってしまいます
一度揚げバットに上げて油を落としてから
別皿にペーパーを敷した物に天ぷらを移して吸わせましょう


長々書きましたが、やってみるのが一番!
筍を茹でなくて良いので簡単ですよー

春の味を味わってください














下茹でしなくていい筍の天ぷらのレシピはこちらをクリック!
[PR]
by cookinglady | 2018-03-31 20:16 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)

簡単トマトファルシー

e0083152_20575596.jpeg

美味しそうなトマトをたくさん頂いたので

今日の夕食はトマトファルシーにしました。

e0083152_20553751.jpeg

生ハムとチーズ、ニンニクを混ぜてトマトに詰めて、トースターで焼くだけなのでかんたんです。

ボリュームタップリですが、中はほとんどトマトなので、アッサリしていてヘルシーです。
リコピンもタップリなので、紫外線の多いこの時期、オススメです。

これだけでお腹いっぱいになるのでダイエットにも良いかも。



[PR]
by cookinglady | 2016-07-25 20:54 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)

巨大シイタケの香味焼き

e0083152_17473874.jpeg
巨大なシイタケがいつものスーパーにありました。
どんなに巨大かというと
e0083152_17481498.jpeg
私の手に乗せてもこんな感じ!

香味パン粉を乗せてグリルしてみました。
e0083152_17510073.jpeg
ジューシーで美味しいです。

私が使った今日のハーブはディルです。
ピクルスやスモークサーモンに使われるハーブですが、手に入りにくければバジルや、パセリをお使い下さい。




作り方はここ!
[PR]
by cookinglady | 2016-06-12 17:46 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)

筍のバター炒め

e0083152_23230894.jpg
茹でた筍を頂きました。 ヤッタ~!

すぐに食べたかったので簡単にバターで炒める事にしました。

今日は冷蔵庫にセリが余っていたので一緒に炒めてみました。

エリンギや生シイタケを加えても美味しいです。

レシピは書くほどでもないのですが 一応…。


バター大さじ1~2をフライパンに溶かし薄切りの筍と塩一つまみを加えて焦げ目がつく位まで焼き着けます。

筍に焦げ目がついたら醤油を加えて強火で炒めて水分を飛ばします。

醤油の焦げる香ばしい匂いがしたらセリを加えてサッと炒め、器に盛ります。

木の芽をトッピングして出来上がり!

鰹節を加えても美味しいで~す。





[PR]
by cookinglady | 2015-04-25 23:36 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)
e0083152_21135934.jpg
ためしてガッテンで
カリフラワーは絶対に生が美味しい!
と言っていたのでサラダにしてみました。

生のままスライスし、カレー風味のマヨネーズで和えて
レタスにトッピングしてからフレンチドレッシングをかけました。

カリカリして美味しい~。

でも蒸し煮したのも好き~!

どっちが好きですか?

ご意見ください。(笑)



[PR]
by cookinglady | 2014-11-13 21:18 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)
e0083152_17215869.jpg

プチトマトをたくさん頂いたのでスープマリネを作りました。

今日は白ワインを加えたのでキンキンに冷やしてワインのおつまみにしました。

スープごと汁物として食べたり、トマトだけを付け合わせやサラダに加えたりといろいろ楽しめます。

冷蔵庫で4~5日は保存できるので便利ですよ。



作り方は簡単です。ここをクリック!
[PR]
by cookinglady | 2014-08-07 18:08 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)

節分の豆が残ったら

e0083152_12465129.jpg


昨日は節分でしたね。

節分の豆が残ってませんか?

我が家は豆を買ったのにもかかわらず

忙しくて

すっかり豆まきをするのを忘れてしまいました。

それで作ったのが前にネパール料理店で食べた豆料理!

節分の豆は炒ってあるので火を通す必要がありません。

混ぜるだけなので簡単ですよ~。

節分の豆を使ったネパール風豆サラダの作り方はここ
[PR]
by cookinglady | 2014-02-04 12:54 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)
e0083152_18593686.jpg

美味しい白バルサミコを手に入れたのでブルスケッタを作ってみました。

以前買ったこの白バルサミコは甘すぎる感じか好みではありませんでしたが

この白バルサミコは酸味と甘みのバランスが良くてドレッシングなどに最高!

様ザな調味料を加えることなく、塩と油のみで優しい味のドレッシングになります。

普通のバルサミコだと黒くなってしまうので色を美しくしたい物には良いです。

トマトをパンにのせて食べるこのブルスケッタは夏になると良く作りますが、

トマトのリコピンがシミ、そばかすになるのを抑えてくれます。

また、トマトには体を冷やす作用もあり、

紫外線が強く、熱くなる季節にはぜひ食べたい一品です。

作り方は切って混ぜるだけといたって簡単ですが

コツは

トマトの水分が出やすいので、トマトを大きく切って混ぜたらすぐに食べる事です!

ブルスケッタの作り方はここ!
[PR]
by cookinglady | 2013-05-20 19:27 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)
e0083152_1927121.jpg


サワークリームでタラモサラダを作るとコクが出て美味しいです。

私はパンに塗ってディップとして食べています。

サワークリームはスープのトッピング、レバーやお肉を炒め物たり

サラダなどなど色々に使えて私は大好きなのですが

日本ではまだまだ使う人が少ないのか高価なのが玉に傷!

食べる人が増えたら安価になるのに・・・。

もっとみんなで食べよう!

このサラダは滑らかな舌触りが身上なので丁寧に裏ごしします。

だけど、裏ごしは面倒くさい…。

簡単な裏ごしの仕方も教えちゃいます。

サワークリームでタラモサラダの作り方はここ!
[PR]
by cookinglady | 2013-02-23 20:03 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)
e0083152_10314571.jpg

ちょっと珍しいキュウリの炒め物のご紹介です。

まだまだ熱い今日この頃ですが、もうじき秋!

キュウリは体を冷ます野菜なので、夏以外に生で食べると体を冷やし過ぎて仕舞います。

特にこれから秋に向かうこんな時期はキュウリを生で食べ過ぎると

体表面の温度をだけを急激に下げて熱が中に籠ってしまいます。

そんな時にはキュウリに火を通して食べると体表面の温度を下げ過ぎず、

体の中の温度を優しく下げてくれるので良いですよ。

薬膳料理を家庭にまで浸透させている中国ではキュウリはスープにしたり炒め物に使います。

キュウリにはカリュウムも多く含むので利尿作用もあります。

夏の間に冷たい飲み物を飲み過ぎてたまった水分を出してむくみを解消しましょう。

中華風キュウリと豆腐の炒め物の作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2012-08-29 10:55 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)