料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

甘くない炭酸水の飲み方

e0083152_21590931.jpg
最近炭酸水が売れているそうで、
日刊ゲンダイさんから健康効果がある美味しい飲み方の取材を受けました。

ヨーロッパでは炭酸水も湧き水として天然のものがあるのでそのまま飲むのが一般的です。
日本ではアルコール飲料の割り材として使われることの方が多かったのですが、最近の健康ブームでそのまま飲むのが流行したようです。

炭酸水は水に二酸化炭素が溶け込んだもので
炭酸水を飲むと一時的に血中二酸化炭素濃度が高くなり、身体は酸素を供給しなければと思い込み血流が増え代謝がよくなります。

身体の隅々まで酸素を運んでくれるので体に良いわけです。疲労回復効果や美肌効果も期待出来ます。
又、食事の前に飲むとお腹が膨れて過食を防ぎ、
ダイエット効果も期待出来ます。

そんな炭酸水の効果をもっと上げるにはビタミンCや酵素を加えて飲むのが良いです。レモン汁など柑橘系の絞り汁は効果大です。
また、酸味のあるレモン汁やフルーツ酢は疲労物質の乳酸を排出してくれます。夏バテにはモッテコイですね。

私のオススメは甘くしないでレモン汁や生姜汁だけを加えて飲むことです。
甘くするとカロリーが上がってしまい、ダイエットには不向きな上、糖質を代謝するために体力維持に貴重なビタミンB群を使ってしまいます。

ですから甘味を入れない方が身体のためにも良く、食事にもあって私は好きです。

食事の時のビールをやめたいけど
やめられないと言う方にもオススメです。

生姜汁?合うの?とお思いの方
ジンジャエールは生姜シロップで作られていると言えば受け入れやすいかな?
美味しいですよ一度お試し下さい。

生姜汁は血流をさらに良くするので冷房で身体の芯が冷えている冷え性の改善にも役立ちます。

そんな記事が今日(2017年8月8日火号)の日刊ゲンダイに乗りました。

興味のある方はご覧くださいね。
e0083152_22332328.jpg


[PR]
by cookinglady | 2017-08-07 21:58 | 飲み物 | Trackback | Comments(0)