料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

話題の塩麹で焼き魚

e0083152_11103185.jpg

本日のお夕飯は
 赤魚の塩麹漬け 大根おろし添え
 根菜たっぷりの味噌汁
 揚げ茄子と水菜のキムチサラダ
 黒豆の甘煮
 そぼろ納豆
 沢庵           でした。

今日のメインの焼き魚は今話題の塩麹で漬けて焼いてみました。
塩麹で魚を着けるとほんのり甘く高級な粕漬けみたいになりました。

塩麹は作るのに1週間くらいかかりますが

そのままで美味しい調味料なので
肉や魚だけでなく野菜に着けて食べたり、和え衣にしたり便利ですね。

今日は赤魚の切り身の両面にたっぷり塩麹を塗って1日置き、
そのままテフロン加工のフライパンで油を敷かずにやきました。
シットリして美味しかったです。

弱火で焼くと魚の水分が出て身がパサパサしますので
強火で手早く焼くのがコツです。

塩麹の作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2012-01-29 11:24 | 調味料の話 | Trackback | Comments(0)

2月の料理教室

 私が自宅でやっているお料理教室のお知らせです。
サロン形式で定員は5名まで
身近な材料で、お料理は楽しい!がテーマの教室です。

興味のある方はこのブログに書き込むか、メールでお問い合わせください。
メールアドレス cookinglady@excite.co.jp

お申し込みはお早めに!



月曜クラス…2/6(月) 10時~14時位までe0083152_1257339.jpg
     (身近な材料で手軽にロシア料理)

  とろけるお肉のボルシチ
  食パンを使った簡単ピロシキ
  リンゴとポテトチップスのサラダ
  濃厚ミルクプリン
 

 

ゆるマクロビクラス…2/7(火) 12時~15時位まで     
(動物性食品や白砂糖を使わない体質改善クラス)e0083152_1243399.jpg

 簡単オートミールのクリームコロッケと人参ソース
 食物繊維タップリ!オートミールのスープ
 切干し大根のサラダ
 玄米ご飯の美味しい炊き方      


木曜クラス…2/23(木) 10時~14時位までe0083152_132278.jpg 
             (簡単に出来る韓国料理)

  トッポギ=韓国餅の甘辛炒め
  豆腐と豚肉のチゲ=韓国の具沢山スープ
  韓国宮廷風チャプチェ=春雨の和え物 
  ココナッツの白玉団子

* 写真はイメージです。
  材料の都合により内容を変更する事があります。お問い合わせください。


《料金》
 ビジター様は授業料3000円+材料費実費(千円前後)
 初回はお試しとして授業料2500円+材料費 
 *材料費は実費です。人数、内容によって変わります。

 入学金2500円を頂くと永久会員となり、1回の授業料が2500円となります。

《場所》
 由比りか料理教室…神奈川県大和市南林間(小田急線南林間駅より徒歩10分) 

また、通信教育もいたしております。興味のある方はお問い合わせください。
なお参加のお申し込みや、お問い合わせなどはこのブログに書き込むか、又はメールにお願いいたします。
 メールアドレス  cookinglady@excite.co.jp
[PR]
by cookinglady | 2012-01-22 13:12 | 料理教室のご案内 | Trackback | Comments(0)
e0083152_17323360.jpg

お正月に食べようと買っておいたマグロの刺身用赤身が
まだ残っていたので漬け丼にしました。
お刺身が余ってしまった時などに漬けこんで置くと
翌日のお昼にもマグロが生で食べられます。


今日は赤身でサッパリしているので
アボガドも添えてごま油で風味を着けてみました。

アボガド、マグロ、ご飯を良く混ぜ合わせて食べると
コクが出て中トロ丼みたいな味になります。
美味しい~!

また、外せないのがモミ海苔!
海苔の香りが爽やかでお刺身が不得意な人もいけますよ。

アボガドとマグロの漬け丼の作り方

材料)2人前

マグロの下準備                  アボガド     1個
マグロの刺身  100g位             レモン汁又は酢  少々 
みりん      大さじ11/2 
醤油       大さじ11/2            白ネギ      10cm
ごま油      小さじ1              焼き海苔     1枚
すりゴマ     小さじ1              白いご飯     丼2杯分

作り方)
① マグロは一口サイズに切る。* 冷凍の柵は半解凍で切ると簡単。
② ネギは5cm長さに切り、外側をむいて千切りにして水にさらし、芯は小口切りにする。
③ ①のマグロにねぎの小口切り、みりん、醤油、ごま油、すりごまを混ぜ、10~30分位置く。
④ アボガドは二つに割り、種を取って皮をむいて5㎜位の薄切りし、レモン汁か酢少々をかけて変色を防ぐ。(小さじ1/2位)
⑤ 熱々のご飯をどんぶりに盛り、焼き海苔を手でもんでモミ海苔にし、タップリご飯の上に敷く。
⑥ マクロとアボガドを乗せ、ネギの千切りをトッピングし、漬けダレを好みでかけて食べる。

  
          
[PR]
by cookinglady | 2012-01-20 18:01 | 魚介類 | Trackback | Comments(0)
e0083152_1284934.jpg

ツブツブのあるお汁粉の作り方で~す。

小豆などお豆を煮るには時間がかかって…。という方は圧力鍋を使ってみてください。
とても早くて簡単ですよ。
音がシュンシュン怖いと言う方もいらっしゃいますが、
無理に蓋を開けないなど説明書通りに使えば怖い事は何も無いのでご安心を!


 さて、小豆はスーパーなどでは大体1袋250gで売られています。

 この一袋全部を使ってお汁粉にすると我が家には多いので(三人家族)
私は一袋を全部一度に煮て半分をラップに包み、冷凍して取って置きます。
ここで砂糖を加えて粒餡にして置けばお汁粉だけでなく、
あんころ餅や白玉などに使えて更に便利です。
2~3カ月は保存可能ですよ~。

ですので、その作り方を書きますね。
粒餡は要らないという方は茹でたままで砂糖は加えずに冷凍して置けば
⑤と⑥の工程が省けてすぐに砂糖と茹で汁を加えて煮ればよいので更に簡単です。


ぜんざいの作り方

材料)
 小豆     250g1袋            
 水      1ℓ               焼き餅   適量

 砂糖     11/2~2カップ
 塩      2つまみ

作り方)
① 小豆を洗って圧力なべに入れ、水1ℓを加えて蓋をせずに強火にかける。
② 煮立ったらアクをとり、一度火を止めてから蓋をする。
③ 再び強火にかけてシュンシュンと蒸気が勢いよく出始めたら弱火にして10分煮てから火を止め、そのまま10分蒸らす。* タイマーを使うと便利。
④ 蓋を開け、小豆をザルに上げて茹で汁は取り除き、小豆を再び鍋に入れ、木べらで豆をつぶす。*茹で汁は取って置く。
  * 簡単に豆がつぶれない時はもう一度茹で汁を加えて2~3分圧力をかけて煮る。
⑤ 砂糖1カップと水大さじ2を加えて混ぜながら中火にかける。
⑥ 砂糖が溶けて煮立ったら味を見て残りの砂糖と塩を加え、1~2分混ぜながら煮て広げて冷ます。*これが粒あん!
⑦ ⑥を二つに分け、片方はラップに包んで冷凍し、残り半分に茹で汁3~4カップ加えて火にかけ、煮立ったら焼き餅を加えて器に盛る。  
[PR]
by cookinglady | 2012-01-14 12:44 | スィーツ | Trackback | Comments(0)

鏡開きの餅料理!

e0083152_12245276.jpg
すっかりご無沙汰してしまいました。
新年からまた出来るだけアップしますのでまた、よろしくお願いしま~す。

さて1月11日は鏡開きです。
てことで、今日の夕飯はぜんざいにしました。

e0083152_12363138.jpg
今日のメニュー

ぜんざい焼き餅入り
葉唐辛子の佃煮としょうがの佃煮
納豆餅
辛味餅
小松菜と蒲鉾のもずく和え
赤カブの漬物
           
                  でした。


私は粒あん派なのでぜんざいが好きです。
(粒がないのがお汁粉。粒があるのはぜんざい又は田舎汁粉)

最近の鏡餅はパックされているのでカビもせず、乾燥もしないので便利ですよね~。
e0083152_137239.jpg
実は私、甘味処のぜんざいとかお汁粉が甘過ぎて苦手なんです。
だから大抵アンコ物は手作り!
たまに市販品を買う事がありますが、甘味控えめのアンコ物を間違いなく買うポイントが有るんです。

そ、それは アンコの色!
砂糖は大量に小豆に加えると黒光りしてねっとりと硬くなる性質があります。

つまり、餡の色が濃くて艶があるのが甘く、
餡の色が少しグレーがかっているのが甘さ控えめ!て、事。

ホラホラ 黒光りしている最中の餡より鯛焼きのアンコの方が甘くないでしょう。

まぁでもこれ、中身が見えないと駄目なんですが…。
でも、おはぎや羊羹、お汁粉には使えるワザですよ。

で、今回もぜんざいは小豆から手作りしました。
圧力なべで作れば簡単!
20分も有れば出来ちゃいます。(ぜんざいの作り方は後日)

夕飯でしたので塩味のお餅も作りました。
納豆餅!
e0083152_138229.jpg
納豆餅は普通は納豆にネギと醤油を加え、つきたてのお餅を和えるものですが、私はちょっと違います。
沢庵のみじん切り、ネギのみじん切り、青海苔を混ぜて醤油で味付けし、茹でたお餅を和えました。

それと辛味餅
辛味餅も大根おろしに醤油を混ぜて和えるものですが私は鰹節も加えます。
鰹節の旨味が出て大根おろしがまろやかになるんです。

茹で餅は
タップリの湯を沸かして煮立ったところに餅を入れて蓋をして火を止め、4~5分放置するとお餅の角が溶けずに簡単に茹りますよ。
[PR]
by cookinglady | 2012-01-11 12:24 | スィーツ | Trackback | Comments(0)