料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大和勤労福祉会館でおせち料理を作る会をします!

圧力鍋、電子レンジ、ミキサーなどの文明の利器を使ってスピーディーに美味しいおせち料理を作る目からウロコの会ですよ~。

参加者募集中です。 
         是非 お越し下さい!



簡単に出来る手作りおせち料理の会
                   のお知らせ


一年の慶は元旦にあり!e0083152_11103693.jpg
縁起物のおせち料理、今年は手作りしてみませんか?
市販のおせち料理は味も濃いですし、お値段も張ります。
自分で作れば好みの味に作れ、値段もリーズナブル!
『でもねぇ、自分で作るのは面倒だわ』と思っていらっしゃる方、手早く、簡単に作る作り方があるんです。
さあ、今年はみんなでおせち料理を手作りしましょう。

《メニュー》                 
電子レンジで作る簡単錦卵、甘過ぎない栗きんとん、柔らかしっとり黒豆、のし鶏の市松、おかずにもなる変わり昆布巻き、ビックリ!お鍋を使わないスピードお雑煮


場  所 ・・・ 大和勤労福祉会館2F調理室
小田急線鶴間駅下車 徒歩7~8分(イトーヨーカドー前)
              http://www.city.yamato.lg.jp/web/sangyo/kinpuku02.html

日  時 ・・・  12 月 17 日(木曜日) 10時00分 ~13 時00分まで

費 用  ・・・  参加費 2000円《オリジナルレシピ付き》

*参加費は当日お持ちください。3日前(12/12)までにご連絡の無いキャンセルの場合はキャンセル料1,000円を頂く事になりますので、ご注意ください。

持ち物 ・・・ エプロン、お手拭タオル、筆記用具
          
お申し込みや仔細については下記の電話番号に朝10時~夜7時の間にお問い合わせください。

* 他にも料理教室を主宰しておりますので電話に出られない事もございますが、その際には留守番電話に吹き込んで下さい。折り返し連絡させて頂きます。

元気になるお料理の会
         ゆ い    り か
        代表  由比  理嘉       
[PR]
by cookinglady | 2009-11-29 11:15 | 料理教室のご案内 | Trackback | Comments(0)
e0083152_12413895.jpg


昨日のポルチーニのピラフが余っていたのでリゾットにしてみました。

作り方は簡単です。

ポルチーニピラフを鍋に入れ、同量の豆乳又は牛乳を加えて火にかけて温め、煮え立ったら粉のパルメザンチーズをタップリと加えて混ぜるだけ。

3分くらいで出来る。

こんな簡単なのに美味しい!

コツはパルメザンチーズをケチらない事です。

量の目安は一人分だと
 茶碗山盛り1杯のピラフに同量の豆乳か牛乳、
 パルメザンチーズ大さじ山盛り1~2 とコショウを少々

和風の炊き込みご飯でも出来ますよ~。
美味しいからやってみて
[PR]
by cookinglady | 2009-11-27 12:54 | お米料理 | Trackback | Comments(2)
e0083152_18285641.jpg デパートのイタリア物産展で生のポルチーニ茸をみつけました。

乾燥したポルチーニはパスタなどで良く食べますが、生のものは初めて!
空輸した新鮮な物との事で2本で800円とかなり高価でしたが、物は試しに買ってみました。

さて、何を作ろうかな!

余りに可愛らしい茸が2本です。

焼いて食べるとあっと言う間に無くなってしまいそうです。

散々考えた挙句に、香りを閉じ込められるピラフにしてみました。
e0083152_18342923.jpg


 ピラフは普通、バターで生の米や具を炒めてからスープで炊きますが、今回はポルチーニ茸の香りを閉じ込めたかったので炊き込みご飯のように炊いてから仕上げにちょっとだけバターを混ぜました。

さて、お味は・・・・。

うーん!エリンギみたい!
歯ごたえはまったくエリンギと一緒!あの薫り高いポルチーニの香りは無し・・・・・。

どうやら、生椎茸が干し椎茸になると独特の香りが出る様に、私が大好きなあの香りはポルチーニを干さないと出ないらしい・・・・。
このピラフ、簡単で美味しいのですが、これならエリンギで十分です。

乾燥のポルチーニも少し加えればよかった~。

エリンギで作るポルチーニピラフの作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2009-11-25 18:56 | お米料理 | Trackback | Comments(0)
e0083152_17545827.jpg

可愛い姫リンゴを見つけたのでケーキにしてみました。
焼き立ての熱々を食べたらこれが美味しい~!

バターが入ったケーキは普通は翌日の方が味が馴染んで美味しくなりますが、このケーキはどちらも美味!
アイスクリームを乗せると更に美味しくなるかも・・・。
なんて思っているうちに無くなってしまいました。食べ過ぎた~!

焼く時間を入れても30分で出来るから又、作ろうと!

味見用に買ったホットケーキミックスが余っていたのでホットケーキミックスを使ってみました。ただ混ぜるだけなのでチョー簡単!実働時間は5~10分位です。
コツは混ぜ過ぎない事です。

泡立て器で生地をすくっては落とすと言うようにサックリと混ぜ合わせます。グルグル混ぜると生地が粘ってしまい、ふくっらしたケーキになりませんのでご注意を!

この混ぜ方は小麦粉の粘りを出さないための混ぜ方で、お菓子の基本的な混ぜ方です。
普通のホットケーキもこの混ぜ方で作るとふくっら美味しく焼き上がりますよ。

姫リンゴが手に入らなかったら普通のリンゴを皮ごと薄切りにして並べても可愛いです。

姫リンゴのケーキの作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2009-11-15 18:25 | スィーツ | Trackback | Comments(0)
e0083152_11561889.jpg


先日、友人が可愛い男の子を産みました。
おめでとう!

彼女は生まれてくる赤ちゃんのために完全マクロビ食にしています。

完全マクロ食にしていると妊娠中は中々大変!体調が悪くても簡単には食事が買えない!

市販品は添加物やマクロビアンが食べてはいけない物が沢山入ってますからねぇ
で、彼女の家に行き、彼女のこだわりの調味料でオーガニック素材の食事を作ってあげました。

その日のご飯だけでなく、
おにぎりやコロッケ、煮物など保存出来るものも作って冷凍して来ました。
e0083152_12301575.jpg

彼女、私が作ったネギ味噌おにぎりを出産の前に食べてくれたそう。
「あのおにぎりで安心して出産に挑めた」と言ってくれてウルウルしちゃいました。

私は何もしてないのに私まで赤ちゃんの誕生にかかわったみたいで大変嬉しい経験でした。

後日、彼女に頼まれてクール宅急便でお料理やお菓子もお送りしました出産後すぐは忙しいし、体力もないですものね。。

彼女曰く「マクロやっている人は体調が悪い時の食事に結構困っているのよ。仕事にしてみたら?」との事。

e0083152_12303794.jpg
なるほどねぇ~。
何でも買えて便利な世の中だけど、便利じゃない事もあるのね。私も何かのお役に立てるかも・・・・。

こういった料理の形態に興味のある方があったらお問い合わせ下さい。
[PR]
by cookinglady | 2009-11-05 12:16 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(2)

鰻もどき寿司

e0083152_12455499.jpg

Theo☆ さま書き込みありがとうございます。書き込みに気付のが遅くてごめんなさい。

鰻もどきの作り方書きますね。

海外にいらっしゃると言う事で教室でやった物より海外でも手に入りやすい材料のレシピをここではお伝えします。

 この鰻もどきは本来は精進料理なので動物性は一切使いません。
お豆腐をゴボウや山芋でつないで作りますが、ゴボウや山芋は手には要らないですよね?今回は卵白にしました。
 又、このお寿司はご飯の中に巻き込んだ、シソの葉の香りがアクセントになっています。

 我家のレッスンでは白米に雑穀を混ぜて寿司酢を混ぜ、シソの葉と紅生姜、キュウリをご飯に巻き込みましたが、海外だと生のシソの葉を手に入れるのは難しいかと思います。

 シソの葉のふり掛け(ゆかり)で代用してください。
紫色でちょっと酸っぱいのアレです!軽いし日持ちも良いので日本から送ってもらってくださいな。

お寿司が難しい様なら普通の鰻丼にしても良いかも・・・。
その場合はご飯にもみ海苔をタップリのせてから鰻もどきをのせると風味がプラスされて美味しいですよ。

海苔は不足しがちなミネラルも摂れ、余分な塩分も体外に出すので丼物の様に味が濃い料理には是非タップリと添えてください。

鰻もどき寿司の作り方
[PR]
by cookinglady | 2009-11-01 12:46 | お米料理 | Trackback | Comments(0)