料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0083152_1235827.jpg

peugeotccさん書き込みありがとうございます。

頂いた新生姜があるという事ですので急いで
ご要望の新生姜とだしガラ昆布の佃煮のレシピをかきますね。

この佃煮、お醤油だけで味付けしているので甘くないのです。
甘くない佃煮もキリッとして美味しいですよ。(特にお茶漬けなどには抜群!)


この料理のコツは新鮮な新生姜を使う事!

新生姜は時間が経つとどんどん辛くなってきます。新鮮なうちに使うと優しい辛さでホクホクとした食感が味わえます。
時間が経ってしまった新生姜の場合は下茹での水を2~3度替えて茹でこぼしてください。生姜の辛味は水溶性なので辛味が抜けます。茹でこぼす回数は生姜を食べてみて辛味があるけど美味しいという位にして下さい。

タップリとすりゴマを加えるのもコツ!すりゴマで味が馴染みます。
今回はダシを取った後の昆布で作っていますが、勿論、まっさらの昆布でも大丈夫です。
同じ様に作ってください。

この佃煮、佃煮とはいえ薄味に作っているので1週間以内に食べ切って下さいね。

新生姜と出しガラ昆布の甘くない佃煮の作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2009-07-28 12:40 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(0)

土用の丑の日に鰻もどき

e0083152_22521.jpg


本日の授業はゆるマクロクラスでした。

献立は

  鰻もどき寿司
  手作り豆腐のジュンサイあんかけ
  新生姜とダシがら昆布の佃煮
  ずんだ餅
                   です

手作り豆腐は冷やしてからこれ又、ひんやり冷やしたあんかけをトロリとかけました。
ジュンサイが夏の香りを運んでくれます。

昆布でダシを取ると残ってしまうだしがら昆布を今しか無い新生姜と一緒に煮て常備菜にしました。
暑くて食欲の無い時に食が進み、冷房で血行が悪くなった循環良くしてくれます。

緑の色も鮮やかな“ずんだ餅”枝豆をつぶして作ります。
枝豆の風味が美味しいです。
今日のお餅は白玉ですが、白玉は艶が出るまで良くこねるのがふわふわモチモチの白玉を作るコツ!


真ん中に映っているのは鰻もどき寿司です。e0083152_2291375.jpg

あるもので鰻の蒲焼に煮た物を作り、雑穀を加えた酢飯でお寿司にしました。
中に巻き込んだ紅生姜とキュウリ、大葉が甘辛い鰻もどきと良く合います。

この鰻もどき、元々は中国の精進料理の一品をです。それをアレンジしてお寿司にしました。

さて、何でうなぎを作っているのでしょうか?

興味のある方は書き込みしてください。どれか一品レシピを書きま~す!
[PR]
by cookinglady | 2009-07-20 22:21 | お米料理 | Trackback | Comments(3)
e0083152_1812526.jpg

昨日は我が家での料理教室でした。

メニューは

  プロセスチーズで作るフワフワチーズケーキ
  夏野菜のゼリー寄せ テリーヌ風
  釜揚げしらすの冷製パスタ=エストラゴン風味


いずれも美味しいと好評でしたが
特にオススメなのが夏のこの時期、お肌に良い夏野菜のゼリー寄せです。e0083152_18203414.jpg

夏は紫外線の害でシミと乾燥の季節!
この時のケアを怠ると3歳多く年を取るそうな。恐ろし~い!

シミには何と言っても活性酸素を除去するビタミンC!乾燥にはコラーゲン!

両方を一緒に摂ってしまえるのがこの夏野菜のゼリー寄せです。

今回は簡単に固形のスープの素を使って旬の野菜を固めました。
ソースはヨーグルトソースとトマトクーリーです。

このソースがまた美味しくてヘルシー!

美容に良い一日でした。
[PR]
by cookinglady | 2009-07-09 18:24 | 野菜料理 | Trackback | Comments(5)