料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夫の独りご飯=蟹ピラフ

e0083152_17465229.jpg

 今日は私が夕方から外出なので、夫のご飯を作って出かけます。
出かける前はお化粧(普段ノーメイクなので・・・)や着替えで、もーバタバタ!
こんな時は自家製の冷凍食品などを駆使して手早く作ります。

 夫はマクロビオティックスとは何の関係も無いので、お肉も食べます。冷凍庫を見ると冷凍の渡り蟹と、前に作って半分食べた鶏の八幡巻きがあった!これ使いましょ。
 我家では渡り蟹はクリームソーススパゲッティーにする事が多いのですが、スパゲッティーだと伸びてしまうので、今日は炊飯器にお任せのチョー簡単ピラフに!

  献立は・・・鶏の八幡巻き
         蟹ピラフ
         トマトのバジルサラダとアスパラの蒸し煮

 ピラフは本来は生のお米を炒めてから炊く物ですが、忙しい今日はそんな事は・・・。
それでもお米がパラッと美味しく炊ける手抜き方法を公開しちゃいます。時間も短縮する驚きの裏わざです。そんな大層な物でも無いか・・・。エヘッ
 そりゃ、比べて食べたらお米を炒めて作った方が美味しいけれど、単品で食べればこれも結構いける。このピラフ、普通のピラフより油が少ない。食べる時にマヨーネーズをかけてコクを足すのが私流です。
 ささ、ピラフを炊いている間に身支度を整えてと。

 グリーンアスパラはオリーブオイルと塩コショウと水大さじ1を入れて蒸し煮にしただけ。トマトのバジルサラダは乾燥バジルをトマトにふりかけ、常備している自家製フレンチドレッシングを添えただけです。
 今日のお夕飯は炊飯器にお任せで、私は切って並べただけです。実働時間10~15分。
あっという間に手抜料理の出来上がり。

さあ、出かけよう!

チョー簡単、渡りかにのピラフの作り方
[PR]
by cookinglady | 2006-08-26 18:18 | お米料理 | Trackback | Comments(0)

涼を呼ぶ冷や汁そうめん

e0083152_18191454.jpg

 いゃー熱いですね。熱いので今日のお昼はそうめんです。

 私、冷麦よりも細いそうめんが好きです。特にお気に入りは揖保の糸と云うそうめんです。
細くて腰があって美味しい!
別に揖保の糸の会社とは何の関係もありませんが・・・。

さて今日の付けだれは・・・めんつゆをつけて食べるのも好きだけど、味噌ダレです。

 簡単に言うと冷たい味噌汁に沢庵、ゴマ、キュウリ、みょうが、大葉などを加えたものです。
なんか美味しくなさそうと思った方ぜひ作ってみて!沢庵の歯ごたえがコリコリして、サッパリした汁に良くあって美味しいですよ。
味噌はいつも使っているもので結構です。味噌汁より濃い目に溶くのがポイントです。
この汁、ご飯にかけても美味しいですよ。
 そのまま、半分食べてからトマトの粗みじん切りを冷や汁に加えて食べるのが私流!
トマトの酸味に食がすすみます。

 トマトのリコピンが日焼けを早く治してシミにならないようにしてくれます。
又、味噌が体内の活性酸素を押さえて、キュウリの身体の中の熱を取ってくれるので、暑い夏にぴったりの冷や汁です。

冷汁そうめんリ作り方
[PR]
by cookinglady | 2006-08-22 19:15 | 麺類 | Trackback(1) | Comments(2)

テンペのパリパリ餃子

e0083152_19504939.jpg

 お肉の代わりにテンペを加えた餃子です。
テンペって最近、流行ってますよね。
大豆の発酵食品ですが納豆みたいに臭いはしません。
板状になっているので、切って使います。
ただ油で焼いてお醤油を掛けるのも美味しいのですが、今日は餃子にしてみました。

 この餃子、夫に黙って食べさせたら全く気が付かず、普通の餃子だと思ったみたいです。
お肉が嫌いな方も、肉の臭みがないから大丈夫。
コレステロールを気になさっているや、肉ばかり食べてる人にもおすすめです。

それから、
最近、餃子がパリパリに焼けないのだが・・・。との質問が多いので、餃子をパリパリに焼くコツを少し・・・。
 ① 餃子を熱したフライパンに並べたらすぐに蒸し煮の水を加えます。* ここでは焼き目はつけません。
 ② 蓋をし、強めの中火で一気に火を通します。* 皮が透明になったら火が通ったサイン!
 ③ 蓋を取ってゴマ油をふりかけ、中火でじっくり水分を飛ばしながら焦げ目をつける。

これでパリパリに焼けますよ。普通の餃子でもやってみてください。

テンペの餃子の作り方
[PR]
by cookinglady | 2006-08-14 20:50 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(0)
e0083152_17474853.jpg


 いただいたトマトで簡単なスパゲッティーを作りました。
私はバルサミコ酢とオリーブオイルで作りますが、面倒な方は市販のフレンチドレッシングにニンニクのすり下ろしを加えたものでもOK!

 コツはパスタの茹で方です。
湯で汁に塩をタップリ入れてそのまま食べても美味しい位の塩味がパスタに着くように茹でててください。
 このスパゲッティーはその茹で方さえ出来れば、もう60%は完成です。
 後はトマトの角切りとバジルを味付けして乗せるだけ。
 パスタを茹でる以外には火を使わないので、熱い時にぴったりです!

 もっとコクが欲しい方はツナを混ぜたり、パルメザンチーズを加えても美味しいです。

 このトマトバジルソースはフランスパンやクラッカーに載せるとブルスケッタに早変わりします。よく冷やした白ワインにもよく合いますよ。

生トマトとバジルのスパゲッティーの作り方
[PR]
by cookinglady | 2006-08-06 18:13 | 麺類 | Trackback | Comments(0)