料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0083152_18104474.jpg

 新鮮なトマトが届きました。お友達の母上が家庭菜園しているトマトで、無農薬です!
ご近所にお裾分けして我家でも早々、いただきました。
 今日は、これまた頂き物(中国のおみやげ)のザーサイがあったので、中華サラダにしてみました。ごま油、陳江の香酢と生姜のドレッシングが美味しい!

 しかし、マヨネーズ好きの夫は『このサラダはこれはこれで美味しいけど、そのままで美味しいトマトだからマヨネーズで食べたい!』と、サラダをほとんど1人で食べつくした挙句に、新たにトマト1個をマヨネーズで食べ、『マヨネーズの方が美味しい』とさ!
確かに素材が良い時はシンプルに食べたほうがおいしいけど・・・・。
作りがいのない人です。

 トマトはリコピンとビタミンCが豊富で、身体も冷やしてくれる食品です。
夏場の日焼け対策や夏バテには欠かせない物です。ただ、冷房を多用する現代人には身体を冷やしすぎるので、身体を温める生姜と万能ネギを加えてみました。お肌に良いビタミンEが豊富なゴマとごま油も入っているとなればシミ対策は万全!
 ゴマ油と生姜が陳江の香酢の独特のクセを美味しい旨味に替えてくれます。
ぜひお試しを!

トマトとザーサイのサラダの作り方
[PR]
by cookinglady | 2006-07-29 18:39 | 野菜料理 | Trackback(1) | Comments(0)
e0083152_19333910.jpg


 いゃー最近、夕方になると頭が割れるように痛くなって、中々ブログを更新する気力が無く、ずーとサボってしまいました。
 覗きに来て下さった方すいません。

 元々、肩こりで頭痛持ちなので、そのせいで頭が痛いのはよく有ることです。でも、こう毎日となると・・・。 お肉食べてないからかなぁ?タンパク質と鉄分不足で血行が悪いのかも?
マクロビオティックを始めて2ヶ月経ちました。好転反応だと信じて頑張ります。

 そんな訳で今日は鉄分とタンパク質がいっぱいの豆腐とアサリ、ニラを炒めてみました。
味付けは生姜と塩とお酒とシンプルですが中々美味しく出来ました。
 薄味を良く絡めるための水溶き片栗粉も今日は身体を温めるために本くず粉を使いました。葛粉には身体を温める作用があります。値段はちょっと高いけど冷え性の方はぜひ、本葛粉をどうぞ。

 豆腐は炒める時には型崩れが無い様にもめん豆腐を使うのが常識ですが、今日は絹ごしを使ってみました。
ちょっと崩れちゃったけど、絹ごしの柔らかさがアサリの旨味を吸って味は上々!
柔らかい質感を取るか、歯応えと形の美しさのもめん豆腐を取るか、好みで選んでくださいね。

豆腐とアサリのサッと炒めの作り方
[PR]
by cookinglady | 2006-07-22 20:09 | 魚介類 | Trackback | Comments(4)
e0083152_17512751.jpg

 今日のご飯はマクロビオティック(玄米菜食)風に私なりの野菜カレーを作ってみました。
ご飯は勿論、玄米です。
 マクロビオティックではお肉、乳製品、卵、白砂糖は使わないので、お肉の代わりに自然食品の店で買った大豆タンパクを使いました。厚揚げでも美味しいと思います。
 野菜カレーで私が一番好きなのはナスなのですが、ナスとトマトはマクロビオティックでは陰性が強い食べ物で、陰性に傾いている私は控えた方が良いと言われたため、今日はナスもトマトも入れせんでした。
 う~ん、カレーにコクを出すのにトマトも入れられないとは・・・。
で、思い着いたのがバルサミコ酢6年もの!
そうです。あのお酢としてはかなり甘い6年物のバルサミコ酢(調味料の話をクリック!)
これが大当たり!美味しい!
「6年物なんて持ってないよ~。」と言う方は黒砂糖小さじ1と普通のバルサミコ酢大さじ1で代用してくださいな。
味は勿論!バルサミコ酢の黒が本格的なカレーの深みのある色にしてくれます。

 向こうに見えるのは大根とサヤインゲン、焼き海苔のサラダです。
生姜醤油ドレッシングで食べました。

マクロビ的私風野菜カレーの作り方はここ
[PR]
by cookinglady | 2006-07-05 18:08 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(6)