料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ゆるマクロビ料理( 12 )

e0083152_11561889.jpg


先日、友人が可愛い男の子を産みました。
おめでとう!

彼女は生まれてくる赤ちゃんのために完全マクロビ食にしています。

完全マクロ食にしていると妊娠中は中々大変!体調が悪くても簡単には食事が買えない!

市販品は添加物やマクロビアンが食べてはいけない物が沢山入ってますからねぇ
で、彼女の家に行き、彼女のこだわりの調味料でオーガニック素材の食事を作ってあげました。

その日のご飯だけでなく、
おにぎりやコロッケ、煮物など保存出来るものも作って冷凍して来ました。
e0083152_12301575.jpg

彼女、私が作ったネギ味噌おにぎりを出産の前に食べてくれたそう。
「あのおにぎりで安心して出産に挑めた」と言ってくれてウルウルしちゃいました。

私は何もしてないのに私まで赤ちゃんの誕生にかかわったみたいで大変嬉しい経験でした。

後日、彼女に頼まれてクール宅急便でお料理やお菓子もお送りしました出産後すぐは忙しいし、体力もないですものね。。

彼女曰く「マクロやっている人は体調が悪い時の食事に結構困っているのよ。仕事にしてみたら?」との事。

e0083152_12303794.jpg
なるほどねぇ~。
何でも買えて便利な世の中だけど、便利じゃない事もあるのね。私も何かのお役に立てるかも・・・・。

こういった料理の形態に興味のある方があったらお問い合わせ下さい。
[PR]
by cookinglady | 2009-11-05 12:16 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(2)

これってお肉?

e0083152_19172789.jpg


友達が遊びに来てくれました。

メインは植物タンパクのレタス巻きです。

レタスに植物タンパクのマリネと胡瓜、ネギ、自家製コチュジャンを包んで食べます。

植物タンパクは野菜カレーの時にも使いましたが乾燥して売られているので、急なお客にも便利!
ノンコレステロールで高タンパクです。
* 自然食の店で売ってます。

野菜に包んで食べるとお肉としか思えません。美味しい~!

少しはダイエットになるかしら?こんなに食べちゃだめか・・・。

後は昨日の残り物を並べただけです!すいません。

今日、作ったのはメインとおにぎり位かな・・・。
[PR]
by cookinglady | 2008-09-02 19:31 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(0)

生湯葉丼

e0083152_1459437.jpg


美味しい生湯葉を頂いたので、丼にしました。

ご飯は玄米、もみ海苔と青ネギをタップリかけて、湯葉を乗せ、トロりと美味しいあんをかけました。

上だけでなく、中にもネギがタップリ入っています。
淡白な湯葉にネギと海苔の風味がよくあって美味しい一品です。

ネギやニンニクには余分なコレステロールを取り去り、ビタミンB群の留保率を高める硫化アリルが沢山含まれて居ます。

ダイエット中の私は率先して食べなくっちゃ!


ここで私は昆布だし、塩、醤油、みりん、葛粉であんを作りましたが、面倒な方は市販のめんつゆに塩少々を加え、片栗粉でトロミをつけてもを使ってもグーですよ。

かつおダシでもグーです。

作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2008-04-14 15:22 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(3)

ダイエットカツカレー?

e0083152_222793.jpg


3キロほどウエイトオーバーなので、今日からダイエットしようと思います。

でも、無性にカツカレーが食べたい!

車麩でカツを作り、前に私のブログで紹介した野菜カレー(ゆるマクロビ料理 野菜カレーで検索してね)をかけてダイエットカツカレーにしました。

今日は琥珀色のコクの有るカレーにしたがったので
あの野菜の作り方を少し変えました。

野菜を小さめに切って煮溶かしてしまい、バルサミコ酢は使わずに、トマトペーストを大さじ3加えたら綺麗な琥珀色になりました。

市販のカレールーを使うよりカロリーは1/2になりましたよ~。

面倒な方は市販のカレールーを使って下さっても、カツがお肉ではなく、車麩ですからカロリーダウンになりますよ。

車麩のカレーはマクロビアンには定番のおかずですが、ボリュームもあって中々美味しいです。
お肉ではないので、コレステロールを気にしている方にお勧めです。

私はカレーを食べる時に必ずせん切りキャベツをご飯に載せます。

大食漢の私はカレーを二杯食べないと納得できないので、キャベツをタップリ載せてご飯を半分にしするためなんですが、キャベツの歯ごたえが、シャキシャキして美味しいですよ。

ダイエットカツカレーの作り方はここを
[PR]
by cookinglady | 2008-04-10 21:56 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(6)

大豆のハムのサンドッチ

e0083152_2013987.jpg


 このハム何で出来ていると思いますが?

 大豆で出来ていてお肉はまったく使っていないのです。発色剤や合成保存料もなし。

 我が家の近くの自然食品の店に冷凍状態で売っていたので早々にゲット!
天然酵母のバケットに自家製豆乳マヨネーズと共にはさんでみました。

この豆乳マヨネーズがまた、本物のマヨネーズと遜色なく美味しい~。
卵アレルギーの方にもお勧めです。
植物性でコレステーロールゼロなのでヘルシーですよ。

 豆乳マヨネーズは私愛用のバーミックス(バー型のミキサー)で作りましたが、フードプロセッサーでも簡単に作ることが出来ます。

サンドイッチってキュウリを塩もみして水分を出してからはさむと美味しいですよね。

フランスパンのサンドイッチって歯ごたえが合って大好き!
今日使ったのバタールですが、もっと細いカスクートとかなら食べやすいかも?
 ちなみにバタールとはフランスパンの名前のひとつ。バターがはいっている訳ではないので悪しからず。

豆乳マヨネーズの作り方はここを
[PR]
by cookinglady | 2007-04-02 20:25 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(5)
e0083152_22564250.jpg


先日、講師の先生を我が家にお呼びしてマクロビ講習会をしていただきました。

 マクロビオティクスは玄米菜食と陰陽を組み合わせた健康法です。

 簡単に言うと日本古来の食生活を陰陽に則った考え方でやっていくというもの。
肉、卵、乳製品、白砂糖などを取らず、主食の玄米を中心に食べていくというものです。

 日本発祥の健康法なのに日本よりもヨーロッパやアメリカの方が有名のようです。マドンナがやって自分の子供のアレルギーを治したと言う事でも有名ですよね。

 私も、はや10ヶ月やってきましたが中々奥が深い!
 このマクロビォティクの考え方で言うと乳製品は花粉症や、乳がん、子宮筋腫などの婦人科系の病気の原因になるそうで、取らない方が体に良いのだそうです。
 で、チーズやヨーグルト、ミルクティーやカフェオレが大好き人間の私が10ヶ月止めてみたところ(10ヶ月間で4~5回は飲んじゃった!)
 今年は持病の花粉症がかなり改善されました。まだ完治はしてないけど・・・。

この健康法は奥が深いので自己流でやっていると壁にぶつかる。で講習会をしていただいのです。
 この写真はその時に私が作ったマクロビ料理です。お客様は10人いらっしゃいました。

 マクロビ料理は添加物は一切使わない、有機栽培の野菜を使っためっちゃヘルシーな料理なんだけど、なんたってお砂糖を使えないので、野菜の甘味を引き出して調理しなければならないし、食事の半分以上は穀類を取らなければならないのでちょっとコツが要ります。

有機栽培の野菜を使うと野菜のパワーが違うのか美味しく出来ました。


本日のメニュー

オートミールのコロッケと人参ソース・・・・乳製品使ってないのにオートミールがクリームコロッケみたいで美味しいと好評でした。
  コロッケを揚げている所だったので写真がありません。すいません。

板麩を使った生春巻き・・・手作り甜面醤で味付け。ビーフンと春巻きの皮はお米で出来ているからおかずでも穀類50%の一部。

紫芋の桜餅・・・砂糖と食紅不使用。サツマイモと米飴で甘味をつけています。ピンク色は紫芋の色です。甘味あっさりで以外に好評。

根菜類の煮物、桜生麩のせ・・・ゴボウと人参の煮物にタマネギを加えて甘味を出しました。桜の季節をイメージして桜の生麩をのせました。春とはいえ、まだまだ寒い今日この頃根菜類で陽性に体を温めて!

大根のステーキ・・・大根を油で焼いて醤油で味をつけただけなのに大根から甘味が出て旨い!脇役なのにかなり人気がありました。

生湯葉と菜の花とワカメのサラダ、タマネギドレッシング添え・・・生湯葉がしっとりとワカメの海の香りと合って美味しい。海草はマクロビでは欠かせないカルシューム源。

あわのサラダ・・・黄色く見えるのが雑穀のあわです。レモン風味で爽やかなサラダにしました。これも穀類。

玄米の押し寿司・・・要り卵に見えるのはターメリックで色付けしたお豆腐。季節の蕗と一緒に押し寿司にしました。

桜の香り玄米・・・食物繊維豊富でデトックスにもなるすべての要!玄米に桜の花の塩漬けを混ぜ込みました。春の香りです。


オートミールコロッケが撮れてないのが残念です。
[PR]
by cookinglady | 2007-03-21 23:33 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(3)
  いやー長らくブログ更新してませんでしたねぇ。
マクロビオティクスの好転反応で体調の悪い日が続いていましてご無沙汰しました。兎に角、毎日夕方になると体がだるい!その上、肌には出来物が!これが痒くて、かくとすぐに皮がむけて痛くなるし・・・。出来物が出来ているのに肌が乾燥してカサカサ!もう最悪でした。
今はなんとか回復しましたが。

 ひっょとして、この手作りコスメのせいかしら?
先日、先輩マクロビアンの友人が手作りコスメの作り方を教えてくれました。彼女に我家に来ていただいたので、マクロビアン初心者の私がなちゃってマクロビランチをお出ししました。
e0083152_1855151.jpg

   この料理、お肉も卵も魚もバターも、スープストックも使っていませんよ~!
 野菜と八丁味噌と菜種油で作ったドミグラスソースに大豆タンパクとタマネギ、ズッキーニを入れてハッシュドビーフ風にしました。
 それに玄米のパセリライスと南瓜とクルミのコロッケを添えてカフェ風に・・・・。
 それと、きびで作ったサラダです。
 きび(雑穀)ってクスクス(パスタの一種)みたいでサラダにすると美味しいんです。大好き!

ヘルシーなランチを食べて植物性の天然成分だけを使ったコスメをつくるなんて、なんて健康的な一日なんでしょう。

 自分で作ったコスメは新鮮で香りがいい!着けているだけで幸せな気分になりました。
e0083152_18293960.jpg
 茶色のがクレイパック。背の高いのがハンガリーウォーターを使った化粧水。手前のがイランイランとゼラニュウムの精油を加えたクリームです。

 ハンガリーウォーターってハンガリーの女王が若さを保つために使っていた化粧水なんだそうです。その女王様な、なんと70歳過ぎの時に20代の若者からプロポーズされたというエピソードがあるそう。凄い!

70歳が20代の男性に・・・・とは言わないまでも、10歳若返れたらなぁ・・・・。
なんちゃって!ふふふ

野菜のハッシュドビーフ風の作り方はここを
[PR]
by cookinglady | 2006-12-11 18:06 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(0)
e0083152_20272250.jpg

  スーパーでおからコンニャクを見つけました。
 コンニャクの中におからを練りこんだ物です。
 ノンカロリーのコンニャクと低脂肪高たんぱくのおからの組合せ。
 なんかヘルシーな感じ! 早々、買って来ました。

 初めての食品なので薄切りにして味見。歯ごたえはコンニャクがサクサクした感じ。
味はほんのりコンニャクの独特な臭いがある。

 う~ん

 塩もみして水分を抜いてからカレー粉で揚げてみました。

水分を抜いた事で歯ごたえがお肉みたい!

鶏のから揚げに良く似ていますがサッパリした感じです。
中々美味しく出来ましたよ。

作り方はここを
[PR]
by cookinglady | 2006-10-31 20:46 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(0)
e0083152_19573325.jpg

  朝食のトーストが1枚余ってしまいました。
 もったいないので、夕食のサラダに使ってみました。

 冷めたトーストをもう一度軽く焼くとカリカリになってクルトンみたいに・・・。
 冷蔵庫に有った野菜を適当ーに切って、ついでにおつまみの枝豆ものせ、クルトンと挽き立ての黒コショウをかける。
これに、濃厚な豆腐ソースをかけるとヘルシーでボリュームタップリなおかずサラダになりました。

 思いつきで作ったのに美味しい~!
 よく冷やした白ワインにも合いそうです。

野菜は何でも良いです。ブロッコリーとか入れても美味しそう!

作り方はここを
[PR]
by cookinglady | 2006-09-01 20:17 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(3)

テンペのパリパリ餃子

e0083152_19504939.jpg

 お肉の代わりにテンペを加えた餃子です。
テンペって最近、流行ってますよね。
大豆の発酵食品ですが納豆みたいに臭いはしません。
板状になっているので、切って使います。
ただ油で焼いてお醤油を掛けるのも美味しいのですが、今日は餃子にしてみました。

 この餃子、夫に黙って食べさせたら全く気が付かず、普通の餃子だと思ったみたいです。
お肉が嫌いな方も、肉の臭みがないから大丈夫。
コレステロールを気になさっているや、肉ばかり食べてる人にもおすすめです。

それから、
最近、餃子がパリパリに焼けないのだが・・・。との質問が多いので、餃子をパリパリに焼くコツを少し・・・。
 ① 餃子を熱したフライパンに並べたらすぐに蒸し煮の水を加えます。* ここでは焼き目はつけません。
 ② 蓋をし、強めの中火で一気に火を通します。* 皮が透明になったら火が通ったサイン!
 ③ 蓋を取ってゴマ油をふりかけ、中火でじっくり水分を飛ばしながら焦げ目をつける。

これでパリパリに焼けますよ。普通の餃子でもやってみてください。

テンペの餃子の作り方
[PR]
by cookinglady | 2006-08-14 20:50 | ゆるマクロビ料理 | Trackback | Comments(0)