料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:漬物と保存食( 10 )

シソの実の塩漬け

e0083152_1312680.jpg

我家のシソの実を塩漬けにしました。

e0083152_1355247.jpg
秋の年中行事です。


毎年、シソの実の塩漬けをしますが何が嫌だって


身をほぐす時に手がアクで黒くなること!


嫌なのよねー。なかなか落ちないし・・・。

で、今年はゴム手袋を使うことにしました。
手術用みたいな薄くてピッタリした物です。

まあ、素手で実をほぐすよりは作業効率が少し下がるけど
かなり上手くいきました。

手は全然汚れません。
ゴム手袋恐るべし!

これで今年も香りが良くてプチプチと美味しいおむすびが食べられます。

シソの実の塩漬けの作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2012-10-23 13:15 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(0)
e0083152_1418960.jpg
新緑の季節です。我家のベランダでも緑が増えてきました。

毎年すぐに虫に食べられてしまう山椒も今年は無事に実を実らせてくれました。e0083152_14203950.jpg

 とは言え、採れたのは

 
たったこれだけ・・・。


 実山椒の佃煮は無理なので、ちりめん山椒を作りました。

自分で作ると甘さが好みで加減出来るのでうれしいです。


 私は甘味でベトベトしているのよりあっさりめが好き!

 とは言え、甘くないのもさみしいので少し甘くめ。

今年も美味しく出来ました。

山椒の実には防腐作用があるので
しっかり味を漬けたちりめん山椒にして置くと保存料など無くても長期保存が出来ます。

冷蔵庫に入れておけばで1カ月位は保ちます。

ああ お夕飯が楽しみ!

ちりめん山椒の作り方はここをクリック!
[PR]
by cookinglady | 2012-06-09 14:32 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(0)
e0083152_18235950.jpg

水を使えない時に困るのがサラダ!
放射能が有っても、無くても、やはり葉物野菜はしっかり洗いたいですものね。

私はレタスを丸ごと洗って保存しておきます。
まず、レタスは傷ついた葉2~3枚をむいて丸ごと洗います。

e0083152_18331518.jpg芯の部分を拳で勢い良く叩いてから
芯を指でつまみ、ひねる様にして芯をとります。e0083152_18335089.jpg






 

e0083152_18433841.jpg両手でレタスを持ちながら芯の方から水をかけて丁寧に洗っていきます。
この時、レタスがバラバラにならない様に注意してください。





芯を下にして丸ごとのままレタスをザルに上げ、水気を切ります。

e0083152_18372659.jpg

芯をくりぬいたところに乾いたティッシュペーパーを詰め、芯を下にしてビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。
レタスを洗った水気がティッシュペーパーに吸い取られて保湿してくれます。

この状態で1週間は保存できます。

芯が茶色くなったらそこだけ手でちぎって捨てて下さい。
[PR]
by cookinglady | 2011-03-23 18:41 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(0)
e0083152_1554484.jpg

計画停電が続いています。

3時間程度の停電では冷凍庫の物も意外に解けませんなぁ…。

ただ、困るのは水道が使えない事!
食事の準備の時間だと手も洗えずに結構不便ですよね。

電気が通じている時間になるべく食事の準備を済ませて
薬味などはすぐに食べられる状態で保存しておくと便利です。

私は普段からネギやミョウガなどの薬味は切って、パセリのみじん切りは冷凍して保存しています。

野菜は切って置くと水分が出て来ます。
これは野菜の酵素で、これが野菜を傷ませる原因です。
写真の様に保存容器の下にペーパータオルを敷いて冷蔵庫で保存しましょう。
1週間は保存できます。

インスタントラーメンの栄養補給に!納豆に!
暖め直しの味噌汁にこのネギを加えるとグッと美味しくなりますよ。
ちなみに白いネギより万能ねぎの様に緑のネギの方がビタミンCもカロテンも多く含みます。


e0083152_16182998.jpgミョウガや大葉を保存する場合は切ってから軽く水で洗って下さい。
ミョウガや大葉、バジルなどは包丁の金ッ気で茶色く変色するためです。



また、パセリのみじん切りは冷凍保存がおススメです。

e0083152_1618515.jpg
パセリのみじん切りの作り方はパセリの葉だけを摘み取り、水で洗って手で良く絞ります。

絞ったパセリを切らずにそのまま冷凍の袋に入れて冷凍庫で凍らせます。

パリパリに凍ったら袋の口を開けて空気が出る様にしてから袋を手でもんで、パセリを粉々にします。
これでパセリのみじん切りの出来上がり!

パセリを絞るのがポイントです。
絞らないで凍らせると霜が沢山着きます。

また、いつも冷凍庫で保存して使う分だけ手早く出して下さい。
パセリが溶けるとベタベタになってしまいますよ~。
[PR]
by cookinglady | 2011-03-18 16:28 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(0)

パプリカのピクルス

e0083152_1627528.jpg

パプリカが安かったのでピクルスにしてみました。

作り方は簡単です。

ジャムの空き瓶などを洗い、櫛切りにしたパプリカをギュウギュウと詰め込み、アツアツの漬け汁を注ぐだけ!

パプリカだけでなく、カリフラワー、プチトマト、プチオニオン、キュウリなどでも美味しく出来ます。

漬けこむ時間は漬ける野菜の大きさで若干変わりますが、お好みでどうぞ!

サラダ感覚の浅漬けタイプが好きな方は一晩。
よく漬けこんだものが好きな方は2~3日が目安です。

長く漬けこむと酸味が増して来ますので色々食べてみてくださいね。

冷蔵庫で1週間~10日は余裕で保存可能です。清潔なお箸などで取り出してくださいね。

野菜の表面が漬け汁から出ているとその部分がカビる事があるので必ずいつも漬け汁に浸かっている様にしてください。

私は少しずつ食べて行き、野菜が少なくなって来たら漬け汁はそのままで塩もみした好みの野菜を足して食べています。

旅行に行くのに野菜がちょっとだけ残って困っている時などこれを作ると便利ですよ。

1年位保存したいという方は瓶を煮沸消毒してください。

パプリカのピクルスの作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2010-09-24 17:00 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(0)

夏大根で下ろし漬け

e0083152_10503467.jpg

台風一過、やっと晴れて暑くなってきましたね。
こんな時は体を冷やしてくれてサッパリした物が食べたくなるものですね。

大根の下ろし漬けなんていかがでしょう?

夏の大根は冬の大根と違って辛味がありますよね。

「大根おろしにしたら辛くて食べられない!」なんて事はありませんか?

そんな時にはこれ!
大根の辛さは揮発性なので下ろして空気に触れさせて置くと辛味がマイルドになります。

大根おろしの漬け衣に好きな野菜を漬け混んでください。

この漬け衣はヌカ漬けのヌカみたいに洗ったりしないで一緒に食べますが、余ったら何度でも使えます。

大根おろしの残った汁だけでも出来ますよ!

作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2009-08-12 11:19 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(0)
e0083152_1235827.jpg

peugeotccさん書き込みありがとうございます。

頂いた新生姜があるという事ですので急いで
ご要望の新生姜とだしガラ昆布の佃煮のレシピをかきますね。

この佃煮、お醤油だけで味付けしているので甘くないのです。
甘くない佃煮もキリッとして美味しいですよ。(特にお茶漬けなどには抜群!)


この料理のコツは新鮮な新生姜を使う事!

新生姜は時間が経つとどんどん辛くなってきます。新鮮なうちに使うと優しい辛さでホクホクとした食感が味わえます。
時間が経ってしまった新生姜の場合は下茹での水を2~3度替えて茹でこぼしてください。生姜の辛味は水溶性なので辛味が抜けます。茹でこぼす回数は生姜を食べてみて辛味があるけど美味しいという位にして下さい。

タップリとすりゴマを加えるのもコツ!すりゴマで味が馴染みます。
今回はダシを取った後の昆布で作っていますが、勿論、まっさらの昆布でも大丈夫です。
同じ様に作ってください。

この佃煮、佃煮とはいえ薄味に作っているので1週間以内に食べ切って下さいね。

新生姜と出しガラ昆布の甘くない佃煮の作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2009-07-28 12:40 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(0)

梅干し漬けた

e0083152_20453792.jpg
久しぶりに梅干を漬けました。

自然食の店の予約注文で買った無農薬梅が

粒が小さい上に鮮度も悪そうなのでスーパーで買った普通の梅も一袋加えて漬けてみました。

しかも今年は少し減塩!

上手に漬かるかしら?

白梅漬けの漬け方はここを
[PR]
by cookinglady | 2008-06-19 21:03 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(2)

カブの葉の常備菜

e0083152_204206.jpg

 昨日、カブの実をスープ煮にしたので、残った葉っぱを常備菜にしました。

  温かい玄米ご飯にのせて食べると最高!栄養バランスもいい!

常備菜と言ってもカブの葉をゆでた物を他の材料とお醤油で混ぜるだけだから簡単です。

常備菜のコツはすぐ食べる時より味を濃くする事!

保存性のためでなく、次の日に食べると塩味が馴染んで味が薄くなるの。
私は初日食べた後に醤油を足して混ぜます。
又次の日も食べた後に少し醤油を足します。

最初から2~3日後の塩味を想像して濃い目に味付けするのは難しいから、
それが簡単に美味しく作るコツ!

イカの塩辛もこれだと簡単に出来ますよ。

常備菜とは言え、保存料など入っていないので、1週間以内なは食べてね。
それと取り分ける時は綺麗なお箸やスプーンを使ってね。

直箸は駄目よ!

作り方は
[PR]
by cookinglady | 2007-12-09 20:28 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(0)

我が家の秋仕度

e0083152_21355353.jpg

 涼しくなりましたね~!
 秋ですね~。

 夏中青々と茂っていた青シソの葉が小さくなり、実が一面に出来ました。

 我が家での秋を感じる作業と言えば
ベランダに植えている青しその実を収穫して塩漬けにする事と、茗荷の酢漬けを作る事!


 青シソの実は一年中保存し、おにぎりの具や、天ぷらの衣や納豆に加えます。

 ミョウガの酢漬けは胡瓜の古漬けと混ぜて柴漬け風にしたり、ご飯に混ぜて寿司ご飯!
 ラッキョウの代わりにカレーのお供になる事もあります。
 

しその実の塩漬けと茗荷の酢漬けの作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2007-09-27 21:36 | 漬物と保存食 | Trackback | Comments(2)