料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:鍋物と汁物(スープなど)( 7 )

e0083152_1662269.jpg

今日は寒いですねぇ。我が家は雪が舞っています。

余りに寒いのでお昼は温かいスープが飲みたくなりました。
冷蔵庫を見るとあるある中途半端に残った野菜たち!

今日は、人参が1/2本にキャベツが少々、大根のしっぽ、セロリの葉っぱが在りました。

これらで簡単な豆乳クリームスープを作りました。
牛乳でも同じように作れますが豆乳にはイソフラボンが含まれているので女性ホルモンと同じような働きをしてホルモンバランスを整えてくれますし、牛乳と同じくカルシュームやたんぱく質もたっぷりある上、牛乳より少しカロリーが低い!

ダイエット中?の私にピッタリです。(ダイエット中なのにこんなに食べるな!テヘヘ)

野菜全部に含まれるビタミンCと食物繊維は勿論の事ですが
人参やセロリの葉っぱのカロチンもダイエットには欠かせませんものね。

このスープ、野菜はなんでもかまいません。
白菜、カブ、レタス、ほうれん草、小松菜、玉ねぎなどなど 何でもOKです。

簡単に出来ますので冷蔵庫のお掃除にぜひご利用ください。

冷蔵庫のお掃除!豆乳野菜スープの作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2011-02-12 16:36 | 鍋物と汁物(スープなど) | Trackback | Comments(0)
e0083152_1829438.jpg


さて、昨日お約束したチーズフォンデューの作り方を書きますね。

食べ方の鉄則は前の記事を読んでね。

下記の分量は2~3人前です。大人数で食べたい方は倍量で作って下さいね。

私は風味付けにキルシュワッサーを使っていますがキルシュワッサーとはさくらんぼで作ったお酒です。チョコレートケーキやさくらんぼのタルトなどにも使われますが製菓用の物は小瓶でも売られていますが手に入らない場合は加えなくても結構です。


チーズフォンデューの作り方

材料)2~3人前
ピザ用チーズ       250g
白ワイン         1カップ
ニンニク         1片
コショウ、ナツメグ    少々 
キルシュワッサー    大さじ1 *なくても良い
水溶き片栗粉…片栗粉大さじ1+水大さじ2

フランスパン     1本

* 本格的にする場合はグリエールチーズとエメンタールチーズを下ろして好みで混ぜる。

作り方)
① フランスパンは全部に耳の部分が付く様に1口サイズに切る。
② 片栗粉に倍量の水を加えて混ぜ、水溶き片栗粉作る。
③ ニンニクを2つに切り、厚手の鍋の底に切り口をこすりつけて香りを着ける。
④ ③の鍋に白ワインを入れて弱火にかけて煮立てる。
⑤ 煮立ったら弱火にし、チーズを3~4回に分けて加えて混ぜながら溶かす。
⑥ チーズが溶けたら水溶き片栗粉を加えて混ぜ、均一な生地にする。
⑦ コショウ、ナツメグ、キルシュワッサーなどを好みで加えて風味を付ける。
⑧ チーズが冷めて固まらない様に温めながら卓上に出し、自分でフォークにパンを刺してチーズをからめて食べる。
* 底が焦げやすいのでパンやジャガイモで底をこする様にしてチーズをからめるのがコツ。
[PR]
by cookinglady | 2011-01-31 18:43 | 鍋物と汁物(スープなど) | Trackback | Comments(0)
e0083152_16354791.jpg


今日の朝食
  菜の花のサラダ
  豆乳とトマトジュースの簡単スープ
  天然酵母パンのチーズとベーコンのトースト


 今朝はパンが食べたい気分でした。
 前に焼いて硬めに焼き上がってしまった天然酵母パンが冷凍庫にあったので、ベーコンとピザ用チーズをはさんでトースターに入れました。

 夕食の残りの茹で菜の花にドレッシングを掛けて添えてと!

 う~ん。スープも欲しいなぁ。 天然酵母パンはポソポソしますからね。
(私のパンを焼く腕が未熟なのでポソポソするのかもしれませんが・・・。)

 なんて考えているうちにトーストが焼き上がってしまいました。
今からスープを作っていたら完全に冷めちゃう!
そんな時にはこのスープ! なんと2分で出来ます。

 豆乳は女性ホルモンと同じ様な作用をするイソフラボンが豊富。トマトジュースのリコピンやビタミンCと一緒にとると美肌になるそうです。

なんて言っているうちに 
美味しい朝ご飯の出来上がり。

いただきまーす!  今日も元気に一日が始められます。

豆乳とトマトジュースで簡単スープの作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2010-03-11 17:01 | 鍋物と汁物(スープなど) | Trackback | Comments(0)
e0083152_1792796.jpg


 私はサヤエンドウを見ると春を感じます。

本当はサヤエンドウの旬は初夏なのですが、最近はどんどん野菜の旬が前倒しになっていますね。

そのサヤエンドウを今日はお味噌汁にしました。

 ジャガイモとサヤエンドウの味噌汁は我家では人気ベスト3に入る味噌汁の具ですが、あまり一般的ではない様でお出しすると必ずと言って良いほど「初めて食べた!美味しい~!」と言われます。

いたって単純な物ですが、ジャガイモとサヤエンドウから旨味が出てお味噌汁が美味しくなります。

お味噌は普段お使いのお好みの味噌で結構ですが、赤だしよりも田舎味噌や麦味噌などの方が合うようです。

 私はカツオだしの味噌汁が大好きですが、出し殻が出るのがモッタイナイので、粉末のカツオ節を使ってそのまま全部頂いてます。
 粉末のカツオ節とはスーパーなどのお好み焼きの材料のコーナーにあるアレです!

粉末のカツオ節はカツオ節を削る時の副産物で、リーズナブルな上に美味しく栄養も取れるのでおすすめです。

 サヤエンドウとジャガイモの具と共にぜひ、一度お試しを!

サヤエンドウとジャガイモの味噌汁の作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2010-03-02 17:34 | 鍋物と汁物(スープなど) | Trackback | Comments(0)
e0083152_18433081.jpg


皆さ~ん、風邪ひいてませんか?

 風邪を治すには風邪菌は熱に弱いので
体温を上げて風邪菌を殺すしかないって知ってました?

 風邪薬を飲んでもノドの痛みを抑えるとか、咳や鼻水を止めるとかの対処療法にしかなら無いくて、完全に治すには体を暖めてひたすら寝る。
そして自己免疫力を高めて体内で風邪菌と戦ってもらうしかないそうです。

 それで私の風邪対処法を一つ!
完全に風邪を引いてしまうと余り効かないのですが、風邪のひき始め・・・ゾクッと来た時に食べると良く効くスープをご紹介します。

「今日は寒かった。ゾクゾクする風邪引きそう。」
と思う日の夕食に私はこのスープを飲みます。
具が多いので飲むというより食べるかな?

まずはお風呂で体を温め、寝る準備をすべて整え、このスープをよく噛んで食べ、すぐに寝る。
すると体がポカポカして寝汗もびっしょり!
次の日はすっきりしています。

このスープ、2~3人分なのにニンニクを丸ごと一個使います。
「えっ?辛そ~う!臭そう!」と思った方、でも臭くないの。
ニンニクがホクホクして美味しい。

   美味しい上に明日デートと言う時でも飲めますからご安心を!

   あっ!ニンニクをスライスして手がニンニク臭くなった方は
  パセリの絞り汁をすり込むと匂いが消えます。

 パセリのみじん切りの水気を手で絞ると手の匂いが消えて一石二鳥よ!

作り方はここを!
[PR]
by cookinglady | 2008-01-12 18:34 | 鍋物と汁物(スープなど) | Trackback | Comments(2)

松茸と秋刀魚

e0083152_1982240.jpg


 松茸もそろそろ終わりですねぇ。
最後にもう一度と、じゅんさいと一緒にお吸い物にしました。

 秋刀魚の塩焼きと松茸のお吸い物のお夕飯です。
真ん中でご飯のように見えるのは山のような大根おろしです。魚のタンパク質を消化しやすくしてくれます。

後は今日のご飯は切り昆布の煮物と三つ葉と油揚げのお浸しです。

脂の乗った新鮮な秋刀魚!
ああ、日本人に生まれて良かった。

松茸とじゅんさいの吸い物の作り方はここを
[PR]
by cookinglady | 2006-11-14 19:30 | 鍋物と汁物(スープなど) | Trackback | Comments(3)
e0083152_16202489.jpg

胃に優しいワンタン鍋の作り方
         1回分約820kcal

材料) 2~3人分
 ワンタン                                 
  合挽き肉        100g                  
  ニンニクすり下ろし    小さじ1/4               
  クローブ(粉末)    2振り                 
  塩            一つまみ                
  水            大さじ1                 
  ワンタンの皮     1袋

鍋の具                  出し汁の味付け
  ゴボウ          1/2本         水           鍋の八分目
  白滝           1袋           スープの素     大さじ1
  ネギ           1/2本          醤油         大さじ1~2 
  豆腐           1丁           塩、コショウ     適量
  小松菜又はニラ    1/2束         ごま油        大さじ1 

作り方)         
① 合挽き肉にニンニク、クローブ、塩、水を加えて手で粘りが出るまでコネ、ワンタンの皮に包む。
② ゴボウを斜め薄切りにし、水さらしてアクを取る。
③ 鍋に五分目ほど水を入れ②を加えて煮立てる。
④ 煮立ったら中華スープの素、醤油、塩、コショウででスープより少し濃い目に味を付ける。
  *豆腐や野菜から水分が出て味が薄まるので。
⑤ ゴボウが柔らかくなったらアク抜きした白滝やネギ、豆腐、小松菜などを加えて煮立てる。
⑥ 卓上に移し、ワンタンを入れながら香酢とラー油で食べる。
  * ワンタンは浮かんできたら食べ頃。煮過ぎると皮が破けるので注意。
[PR]
by cookinglady | 2006-02-01 16:13 | 鍋物と汁物(スープなど) | Trackback | Comments(0)