料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:キャベツ生活( 5 )

e0083152_221632.jpg


キャベツ生活第五弾です。 
残りのトマトスープでブランチ!

昨日、ニンニクのスライスを加えて一煮立ちさせて置いたトマトスープをブランチで食べます。

今日のブランチはハムサラダと、クィーンアリスのクルミパンと、バターで焼いた目玉焼きです。
ニンニクとオリーブオイルで焼いた目玉焼きも好きですが、バターの目玉焼き大好き!
ただ、卵と動物性脂肪の組合せはコレステロール値を高めるんです。
私はコレステロール値は平常値なのですが、太りやすい性質でして・・・。バター焼きの目玉焼きはめったに食べません。
私にとってバターの目玉焼きは贅沢品なのです。
ここのところ、ほとんどキャベツや野菜ばかり食べていたので体調も良く、小さなご褒美!
だから、血液をサラサラにする植物性脂肪とビタミンEの豊富なクルミが一杯入ったパンを添えました。
体重の増加がちょっと、心配!でも、朝ですからねぇ。大丈夫でしょう。

e0083152_22373694.jpgスープは何度も煮返して味が濃くなっているので、水などで味を薄めますが、私は牛乳を加えます。
カルシュウムやたんぱく質など栄養価が上がって朝ごはんにグー!
ただ、温めるときにちょっとコツが・・・・。
このスープはトマト味で酸味があるので、牛乳を加えて煮立てると、たんぱく質が分離して固まり、ドロドロします。

私は器にスープを盛ってから牛乳を好きなだけ混ぜ込みます。
牛乳が冷たいとスープが冷めるので、ミルクピッチャーに入れて電子レンジで温めた物を使います。
こうすると鍋に残ったトマトスープは牛乳が入っていない濃い目の味なので、ハンバーグを煮込むソースにそのまま使えますよ。
[PR]
by cookinglady | 2005-10-31 22:30 | キャベツ生活 | Trackback | Comments(0)
e0083152_21131856.jpg


 キャベツ生活の
第四弾!今日は野菜のグラタンです。

昨日、トマト味にしたキャベツや野菜たち、我家ではキャベツが一番先に少なくなり、何故かジャガイモと人参が多めに余ります。
それをグラタンにします。
今日の献立は野菜のグラタン、スナックエンドウとハムのサラダ、ガーリックトーストです。

 擦り付けて残ったニンニクは薄切りにしてスープ煮で残った煮汁に入れ、一煮立ちさせて置きます。
これが明日、美味しいスープになるのよ~。

そのスープの作り方は又、明日ね

作り方はここを
[PR]
by cookinglady | 2005-10-28 22:14 | キャベツ生活 | Trackback | Comments(2)
e0083152_19342243.jpg

キャベツ生活の第三弾です。

昨日のスープ煮の残りをトマト味にしちゃいました。
カレー粉を加えてカレー味も美味しいけれど、今日はトマト味です。

使うものは生のトマト1個とケチャップだけです!

  あんまり作り方が簡単なので、トマトとトマトの調味料について少しお話しますね。
 トマトは抗酸化作用で有名なリコピンとビタミンCが沢山含まれています。
今やトマトと言うとイタリア料理!という位ですが原産は南米です。コロンブスがヨーロッパ大陸に持ち込んだと言われています。その頃はグリーンの葉に真っ赤なトマトが実るところが可愛らしいと観賞用だったようです。
この頃のトマトは私達がサラダにするトマトとは違い、最近クッキング用として売られている水分の少ないトマトに近かったと思われます。最初に食べた人は勇気が要ったかもしれませんね。

 さて、トマトの調味料ですが、結構混同している方が多いので一言説明して置きます。
日本でよく売られているのはホールトマト、トマトピューレ、トマトペースト、トマトケチャップなどが代表的なものでしょうか。
ホールトマト・・・トマトの皮をむき、トマトジュースを加えて火を通したもの。味は着いていない。最もトマトの新鮮味がある。

トマトピューレ・・・ホールトマトをつぶしてピュレ状にしたもの。味は着けていない。

トマトペースト・・・トマトピューレを煮詰めて水分を飛ばした物。水分がど飛ぶ過程で酸味が飛ぶので酸味が少なく、コクがある。味は着けていない。

トマトケチャップ・・・トマトピューレに砂糖、酢、塩などで味を付けたて保存性を高め、そのまま使える調味料にしたもの。

 これらは全て通常、私達が生で食べるトマトとは品種が違い、調理用として栽培された細長くて水分が少なく、コクがあるトマトを使用しています。

作り方はここを
[PR]
by cookinglady | 2005-10-27 20:25 | キャベツ生活 | Trackback | Comments(0)
e0083152_19104719.jpg
キャベツ生活第二段、キャベツと野菜のスープ煮です。

 書くほどの事もないような料理ですが、キャベツと冷蔵庫に有る野菜ですぐに作れる簡単おかずです。

 コツと言えばキャベツが十分に柔らかくなるまでただ、ただ煮るだけ。
じっくり煮るとキャベツから甘味が出るんです~よ
「いくらなんでもこんなに沢山じゃあ、全部は食べられない」って?4~5人家族なら食べちゃうけど、我が家も確かに食べ切れませんね。

次の日には次の日の美味しい食べ方があるんです。

それは、また明日のお話し。

続きと作り方はここを
[PR]
by cookinglady | 2005-10-26 20:01 | キャベツ生活 | Trackback | Comments(1)
e0083152_20421486.jpg


最近、キャベツが、とっても安くありませんか?

今日、我家の近くの八百屋さんでは1玉60円でした。
もうビックリ!これは買うしかない!

早々に巨大なキャベツ1個を買って来ました。

さあ、これから我家のキャベツ生活の始まりです。
我家は少人数家庭なんですが、キャベツの1/4サイズや半切りの物は基本的に買いません。
切ってあるキャベツは切り口からビタミンCが出て鮮度が落ちてしまうんです。
だからいつも1玉買います。そして何にでも使っちゃう。
ロールキャベツやコールスロー、炒め物も、茹でて胡麻和えも、浅漬けも、お味噌汁に入れても美味しい・・・・。
キャベツはビタミンCもAも豊富ですが、なんと言っても珍しいビタミンUがあります。
これ胃に良いらしく、特に汁物にして食べると良いとか。
胃薬のキャベジンはキャベツの成分で出来てるんですよ。ヨーロッパでは昔からお腹を壊すとキャベツスープを食べる習慣があるそうな。
昔の人は賢いですねぇ。
今日は外側の青々した葉を使って〝オカカでジュッ!〟を作りました。
これは我家で大人気のサラダです。

続きはここを
[PR]
by cookinglady | 2005-10-19 22:18 | キャベツ生活 | Trackback | Comments(5)