料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

涼を呼ぶ冷や汁そうめん

e0083152_18191454.jpg

 いゃー熱いですね。熱いので今日のお昼はそうめんです。

 私、冷麦よりも細いそうめんが好きです。特にお気に入りは揖保の糸と云うそうめんです。
細くて腰があって美味しい!
別に揖保の糸の会社とは何の関係もありませんが・・・。

さて今日の付けだれは・・・めんつゆをつけて食べるのも好きだけど、味噌ダレです。

 簡単に言うと冷たい味噌汁に沢庵、ゴマ、キュウリ、みょうが、大葉などを加えたものです。
なんか美味しくなさそうと思った方ぜひ作ってみて!沢庵の歯ごたえがコリコリして、サッパリした汁に良くあって美味しいですよ。
味噌はいつも使っているもので結構です。味噌汁より濃い目に溶くのがポイントです。
この汁、ご飯にかけても美味しいですよ。
 そのまま、半分食べてからトマトの粗みじん切りを冷や汁に加えて食べるのが私流!
トマトの酸味に食がすすみます。

 トマトのリコピンが日焼けを早く治してシミにならないようにしてくれます。
又、味噌が体内の活性酸素を押さえて、キュウリの身体の中の熱を取ってくれるので、暑い夏にぴったりの冷や汁です。



材料) 3~4人前
キュウリ          1本           そうめん       1束
沢庵            30g             
大葉            10枚          プチトマト      5~6個
ミョウガ          3~4個        枝豆         少々
白ゴマ(炒り)       大さじ2               
味噌            大さじ6        氷            適量
かつお節の粉      大さじ1
水              1~2カップ

作り方)
① 沢庵は4~5㎝の繊切りにし、キュウリとミョウガは縦二つに切って薄切りにする。
② 大葉は繊切りにして水気を絞る。
③ プチトマトは粗みじん切りにして別の器に盛って冷やしておく。
④ 白ゴマをすり鉢に入れて半ずりし、味噌とカツオ節の粉を加えて混ぜる。
⑤ キュウリ、ミョウガ、沢庵、大葉を加えてよく混てキュウリがしんなりするまで5~10分置く。
⑥ その間にそうめんを茹でて水でさらし、冷めたらもみ洗いしてぬめりを取る。
⑦ ⑤に水を少しずつ加えてのばし、味噌汁よりかなり濃いめの味にする。
⑧ 氷を入れた器に⑦に盛って、プチトマトの粗みじん切りを添えてお出しし、好みでトマトを汁に入れて食べる。

* 氷の溶け具合や味噌の塩分によって加える水の量が変るので注意。
[PR]
トラックバックURL : http://cookinglad.exblog.jp/tb/4031530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 君は今日からCOOK☆ス.. at 2006-11-16 08:54
タイトル : 冷や汁
冷や汁冷や汁(ひやしる、ひやじる)は日本の郷土料理。山形県と宮崎県に同名でそれぞれ別の料理がある。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL...... more
Commented by at 2006-08-23 22:00 x
はじめて書き込みします☆こんばんは

昨日はお疲れ様でした。
お名刺をいただいたいて、早速やってまいりました。

揖保の糸、私も大好きです。細麺大好き。
味噌ダレかぁ☆いいですねー。さっそく作ってみようかな♪
今日、有機野菜と特別栽培野菜の朝市があってピュアホワイトっていう糖度の高い、生でも食べれるとうもろこしをゲットしてきました。初めて食べたけどコレが美味しいー!お値段もよかったので心して100回噛みます(笑)

過去にさかのぼってりかさんブログ、徐々に拝見させていただきまーす☆
Commented by cookinglady at 2006-08-26 19:23
ピュアホワイトですか。
私はまだ食べた事がありません。ぜひ食べたい!
有機栽培とか特別栽培の野菜が増えるのは良いことですよね。
値段がまだちょっと高めだけれど、皆が買えばどんどん作る人も増えて結果、価格も安くなるはずです。
みんなで有機栽培の野菜を買おう!
by cookinglady | 2006-08-22 19:15 | 麺類 | Trackback(1) | Comments(2)