料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スーパーフード=ビーツの健康効果とボルシチの作り方

e0083152_15333678.jpg

甘くておいしいビーツ(赤カブ)

食べる輸血ともいわれています。

古代ローマの時代から疲労回復に食べられてきました。



何がそんなに良いのか?

カリウム、マグネシウム、ナイアシン、パントテン酸、などなど
ミネラル分が多い!

この名前の羅列
なんか栄養ドリンクの成分表みたいですね。

個々にざっくり説明していくと

カリウム
余分な塩分を出して浮腫みを改善します。

マグネシウム
骨粗鬆症の予防

ナイアシン
アルコール成分を分解するため二日酔いに効く

パントテン酸
善玉コレステロールを増やすので動脈硬化の予防

ベタイン
肝臓の機能を高めるため脂肪肝になりにくくなります。

それにこの真っ赤な色ポリフェノールなんです。
ポリフェノールの一種=ベタシアニンには強い抗酸化作用があるのでがん予防や美肌効果

甘くて美味しいビーツの甘味成分はショ糖とオリゴ糖
腸内細菌の餌になるオリゴ糖がたくさん含まれています。
食物繊維もたっぷりですから腸内環境を整える。
便秘解消とデトックスには持って来いですね。

しかも亜硝酸塩が含まれてます。
亜硝酸塩は体内で一酸化窒素になり、血管を柔軟にして拡張してくれます。

と言う事は
血流が良くなるということ!

血流が良くなると体の隅々まで栄養や酸素が回ります。

そうなるとどうなるか?

肩こりや腰痛は軽減するし、脳にも酸素と栄養が行くのでボケ防止にもなる。
新陳代謝が良くなり、基礎代謝も上がるのでダイエットにも

中高年の希望の星ですね~。

なんてことを言っていたら日刊ゲンダイに
私のコメントが載ってしまいました。
e0083152_16112645.jpg

さすがに記者さん解りやすくまとめてくれました。

こんな体に良い野菜を食べない手は無いですね。

市販の野菜ジュースにも入っている事が多いですが
最も手に入れやすいのは缶詰です。

薄切りで、すでに加熱してあるので調理も簡単!

普通の野菜サラダにトッピングするとドレッシングの酸味が和らいで味が丸くなり、美味しいです。
クッキー型などでハートに型抜きするとクリスマス感が出て可愛いですよ

また、ジャガイモと一緒にマヨネーズやサワークリームで和えると綺麗なピンク色のサラダになります


ビーツの赤い色は食用色素にも使われているので強力!
手が赤く染まってしまわない様に気をつけてくださいね。
e0083152_16262053.jpg
  お風呂に入ると色は取れますが、
  気になる方はゴム手袋をしてくださいね。

  この赤い煮汁に栄養がタップリ含まれているので
  汁ごとスムージーにしたり
  ゼリーなどにして食べるのも良いですね。

  ここでは ビーツ料理の定番
  ほっこり美味しいボルシチの作り方をご紹介します。











ボルシチの作り方e0083152_17232987.jpg


材料)

 牛バラ固まり肉 300~400g
 塩、コショウ 少々
 小麦粉 適量
 バター 大さじ2

タマネギ 2個          トマト缶(角切りのもの) 1缶
ビーツ缶詰400g入り 1缶     顆粒コンソメの素   小さじ2
キャベツ 1/2個           ローリエ   1枚
人参 1本            塩、コショウ 少々
ジャガイモ 2~3個
セロリ          1本(無くても可) 


トッピング
 サワークリーム 適量
 パセリみじん切り 少々


作り方)
1. 牛バラ肉は1㎝厚さの一口サイズに切って塩コショウし、小麦粉をまぶす。

2. 厚手の鍋を油返ししてバター大さじ2~3を溶かし、牛肉を強火で焼き付ける。

3. 肉がきつね色になったらトマト缶を汁ごと加え、ビーツの缶の汁、缶の3~4杯分の水、
ローリエ、コンソメの素を加えて圧力鍋で10分。
   (圧力鍋がない場合は肉が柔らかくなるまで30~40分煮る)

4. ジャガイモは4~6つ割にし、人参は1cm厚さの輪切り、タマネギはくし切り、キャベツはザク切りにする。

5. 肉が柔らかくなったら人参、タマネギ、ビーツを加え、圧力をかけて5分。

6. 人参に火が通ったらジャガイモとキャベツを加え、ジャガイモが柔らかくなるまで圧力かけて1分煮る。

7. ジャガイモが煮えたら塩コショウで味を調え、味が染みるまで更に5~10分以上弱火で煮込む。

8. ローリエを取り出し、器に盛ってサワークリームをのせてパセリのみじん切りを振りかけてお出しする。
[PR]
トラックバックURL : http://cookinglad.exblog.jp/tb/25088406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cookinglady | 2016-12-24 17:31 | Trackback | Comments(0)