料理研究家で栄養士。      長年料理教室をやっている経験を生かした簡単な料理やお菓子のレシピの紹介。こだわりの品や独り言。


by cookinglady
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

キュウリが余ったら・・・中華風キュウリと豆腐の炒め物

e0083152_10314571.jpg

ちょっと珍しいキュウリの炒め物のご紹介です。

まだまだ熱い今日この頃ですが、もうじき秋!

キュウリは体を冷ます野菜なので、夏以外に生で食べると体を冷やし過ぎて仕舞います。

特にこれから秋に向かうこんな時期はキュウリを生で食べ過ぎると

体表面の温度をだけを急激に下げて熱が中に籠ってしまいます。

そんな時にはキュウリに火を通して食べると体表面の温度を下げ過ぎず、

体の中の温度を優しく下げてくれるので良いですよ。

薬膳料理を家庭にまで浸透させている中国ではキュウリはスープにしたり炒め物に使います。

キュウリにはカリュウムも多く含むので利尿作用もあります。

夏の間に冷たい飲み物を飲み過ぎてたまった水分を出してむくみを解消しましょう。





中華風キュウリと豆腐の炒め物

材料)
豆腐(もめん) 1丁           合わせ調味料
キュウリ 3本                  砂糖   小さじ2
キクラゲ(乾燥) 10g             塩 小さじ1
ネギ 1本                    鶏ガラスープの素 小さじ2
ショウガ 10g                 水 1カップ
油 大さじ1                   片栗粉 大さじ1
ゴマ油 大さじ1


作り方)
1. 豆腐は2/3位の大きさになるまで水切りしサイコロに切る。
  * 豆腐は手で割って炒めても良い。

2. キクラゲは水に漬けて柔らかく戻し、手で裂くか、千切りにする。

3. キュウリは縦2つに切って5~6㎜厚さの斜め切りにし、ネギも縦2つに切って斜め薄切りにする。

4. ショウガは皮をむいてみじん切りにする。

5. 調味料を混ぜ合わせて合わせ調味料にする。

6. 中華鍋に油とショウガを加えて弱火で炒め、香りが出たら強火にしてネギとキクラゲとキュウリを加えてサッと炒め、合わせ調味料を加えてとろみが出るまで混ぜる。

7. とろみが着いたら豆腐を加え、豆腐が温まるまで1~2分煮てゴマ油を鍋肌から回し入れ、サッと 混ぜて器に盛る。《化粧油》

* 急ぐ場合は豆腐の水きりは電子レンジに1分掛けてからザルに上げても良い。
[PR]
トラックバックURL : http://cookinglad.exblog.jp/tb/18742525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cookinglady | 2012-08-29 10:55 | 野菜料理 | Trackback | Comments(0)